医師
JA
医師
Login/ Register

コラーゲンの減少

コラーゲンは肌にとって重要な支柱となる構造のひとつで、私たちの肌に自然に存在します

コラーゲンの減少

コラーゲンは肌にとって重要な支柱となる構造のひとつで、私たちの肌に自然に存在します

加齢とともにコラーゲンにどのような変化が起きるのでしょうか?

加齢に伴い、肌は構造タンパク質 (コラーゲンやエラスチン) を失い、それにより肌の緩みやたるみが生じて疲れたような老けた印象を与えます。

コラーゲン量の減少
組織学的特徴の変化 (コラーゲン繊維の配分)
超微細構造における変化 (コラーゲン ネットワークの破壊)
原繊維の分裂、繊維芽細胞がもはや結びつくことができない

年齢肌におけるコラーゲンの減少

ようこそ

最もあてはまる選択肢を選んでください。

患者様
医師